2018年07月13日

VOCALOID5 を買いました

06:03 ちょっと追記
06:30 発音記号編集についてとか、歌唱スキルとか
06:50 付属サンプルについてとか
07:00 アタックエフェクト「Piggy」「Catty」
7/15 7/13 の実験分を追加

悩んだけど買いました。
蒼姫ラピス持ってたので、アップグレード版にて。
https://www.vocaloid.com/upgrade/

VSTどこ



C:\Program Files\Common Files\VST2
今どきVST2なのか・・・

既存歌手の追加



特別な手続きなく自動認識。
蒼姫ラピスと初音ミクV4X。V2はサイト通り認識されない。

歌手の選択



リージョンごとに行う。
トラックごとじゃない。

ちなみに、蒼姫ラピスの画像がちゃんと出た。Piapro Studio VSTi では出なかった。




内容の移し替え(Piapro Studio VSTi ⇒ VOCALOID5 VSTi)



自動的に移し替え・・・なんて気の利いた機能はないので。
Piapro Studio VSTi 自信もデータをどこかしらに保存しているはずだけども、すぐに見当たらなかった。
やはりエクスポート、インポートを行う。

インポートするとズレるので、リージョン位置の調整が必要。
また、新規トラックとして追加されるらしい。

・「上方向へのポルタメントを付加」パラメータなど、「歌唱スタイルの設定」が失われるため、修正が必要。音程が上がるところで、100ぐらいにするとそれっぽく、っていうのはやってられないので、気になるところに対して。
・ブレスの発音記号「br4」が効かない?
・無声音「_0」は効く。
・「クロスシンセシス」も失われる。やるなら多分、トラック複製とミックスになると思う。

再生について



・VOCALOID5 VSTi 単体では再生が効かない。完全にDAWにコントロールされる様子。
・Piapro Studio VSTi の欠点であった、「数泊前からでないと、歌が再生されない」現象が、VOCALOID5 VSTiで改善する。

各種パラメータ



左下のプラスボタン。小せえ!
何行か追加できる・・・と思いきや1行だけ




歌い具合



・VOCALOID5 VSTi のほうが音質が明るい?Piapro Studio VSTi だとややくぐもった感じ。
・蒼姫ラピスについては、ブレスが超わざとらしいものになるので、とても微妙。(スゥ⇒ブッ ぐらいの差、というかもはやなんか誤再生すら疑うような感じ) br4使いたい場合はPiapro Studio VSTiと併用?
・グロウルパラメータがVocaloid3ライブラリに対しても設定できるが、やはり非対応で掛からない。



・動作超もっさり
・スタイルパラメータは編集するたびに再レンダリングが行われる。リアルタイムにオーディションしながらはできない。やりたいなら、リージョンを小分けにするとか工夫が必要。
・歌唱パラメータの入力はSONARに例えると、オートメーションのジャンプ。Piapro Studio VSTi は点の追加(すなわち、その間は前回点へのリニアな変更になる。または該当箇所のみに設定だった。)
・発音記号を変更するには「ジョブ」⇒「歌詞入力モード」 で「発音記号で入力」を選択する。或いは Ctrl+R。

Vocaloid 5 の機能を試す



歌唱スキル(Singing Skill) ⇒ Powerful



サンプルの使用
アタックエフェクト、リリースエフェクトの使用



アタックエフェクト「Piggy」「Catty」



量が多く、ページ負荷が上がるのでここからはリンクで。

・Singing Skill : Ballad
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017727366100017152

・エフェクト:コンプレッサー
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017722657029029889

・エフェクト:イコライザー
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017721678804054019

・エフェクト:リバーブ
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017720092824502273

・エフェクト:ディレイ
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017719105846108160

・エフェクト:オートパン
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017718324208152576

・エフェクト:トレモロ
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017717557636108289

・エフェクト:フェイザー
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017716347466231808

・エフェクト:コーラス
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017715563487825920

・エフェクト:ディストーション
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017715115074809856

・エフェクト:ディエッサー
https://twitter.com/extrose_xinei/status/1017714625071046656




エディタが別画面で出てくるので、「DTMerでもデュアルディスプレイに意味が!」ということに。
しかし、SONARはマルチドックがあって既にデュアルディスプレイを有効活用できる。
トリプルディスプレイが必要になってしまう。




気づいたら追記するます。
【DTM:VOCALOIDの最新記事】
posted by Extrose at 05:15 | Comment(0) | DTM:VOCALOID
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: