2018年08月27日

PSVRでVirtual Cast をしたかったお話

結論:そこに道はない。おとなしくhtc Viveに従え。

現場でついにVTuberがデビュー






面白そうなので、The Novice 23 の公募にVTuberさんもターゲットにしよう。
だがしかしその前に、自分で実践すべきではないか?

アバター制作:VRoid Studio






pixiv が VRoid Studio というものを製作中。
現時点でもかなりできるものの、まだまだ制約が多い。
複製とかレイヤー移動とか。

だがしかし、それでも上記ぐらいは軽く触ってもできるぐらいお手軽。
VRMという形式で出力できる。
VRChatなどで利用できるよう。




こちら製作中らしいけども、どのようになってくるのか。

VRのツールを考える



手元にPSVRならある。htc Viveがあれば最も最適。
そこで、PSVRでできないか試行錯誤した

Trinus PSVR



公式サイトセットアップの仕方はMoguraVRさんを参考にした
現在は、SteamVRに勝手にドライバーを入れてくれる様子。
試したところ、SteamVRを見るところまではできた。
しかし、コントローラが無い。PS4コンはPCが認識しないので、こればかりはどうにもならない。

案として、Androidアプリ Trinus Handを使う手がある。
しかし、このPCにはBluetoothアダプタがないのだ・・・デスクトップでは殆ど必要にならない。

Virtual Cast



ニコニコ製、昨今アバターを動かすならこれ?
Trinus PSVR を Virtual Cast は認識してくれる。
しかし、次に要求されるのは「両トリガーを引け」という。ここで詰んでしまう。




やり方としては、後はBluetoothアダプタを買い、Trinus Handを試行するか、htc Viveを買ってしまうか。
財布とよく相談せねばなるまいよ。
posted by Extrose at 12:29 | Comment(0) | その他技術:VR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: