2018年10月09日

診察日

だった。

会話したこと



現状と意志の確認程度。

その中で一つ。
今は落ち着いてはいるけど、少しの不安感がまだ残っていること、
それが恐らく「復職後も同じことになったら」ということかもしれないことを伝えた。

先生曰く、「今それを考えなくて良い、療養に徹するべき」とのこと。
だいぶ元通りになってきたと自覚していたが、そうではないらしい。

これについては、どこかのサイトで見たが「心の声と頭の声が一致していない」ということらしい。
本当は治っていないのに、焦って治っているふりをするという。

その時点で、明日職場で伝えることは決まった。

ふと思い出した、保険料



さて、診察後、診察料と処方箋、また薬を受け取った。
もちろん負担額は支払ってだ。

ここでふと気づいたのが「保険」。
気づかないぐらい何気ないが、もし退職し、自営業しようとした場合、保険料も自分で負担しなければならない。

所得税、住民税、保険料。
この辺りまでは頭にあったので、フリーランスで支払うべきものを確認した。
こちらのサイトが参考になる・・・と思う

単純にやりたいことをやる、といったときに、この辺りが支払えなければ、
経済面において非常に厳しくなる。
貯金を割くにしても、その時の年は前年の申告による支払額なのだから、非常にダメージは大きい。
また、「確定申告は非常に面倒」という話も聞く。

この辺りを気にせずに過ごせる、それならば残業で時間が取られようが、
就職していた方が、いくらかマシなのではないか。




本当は、退職し、レーベル業に挑戦するつもりだった。
実際それで動こうとしていた。
しかし、気づいた点が非常に大きな問題を持っている。

結局結論はまた出なくなったが、とりあえず明日は休職を確定させてこようと思う。
・・・転職した場合はこの辺りどうなるんだろう。
posted by Extrose at 17:14 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: