2018年10月19日

子供の頃できなかった遊び:ハイパーヨーヨー

ふと思い立ったことがある。
子供の頃、「危ないからやめておきなさい!」と言われてできなかった遊びがいくつかある。




ヨーヨー。
通常のヨーヨーと違い、軸がベアリングになっているもの。

そのため、ただ振り下ろすだけだと、空転(スリーパーという)し、手元に戻ってこない。
戻すには、少し上に引いてやる。

「戻るように振り下ろす」のにコツがあり、「まっすぐ」「手首のスナップ」を意識し、「勢いよく」振り下ろす。
なので、公園とか、広い場所で周りを気にせずプレイできるのが望ましい。

ハイパーヨーヨー



1997年に登場したもの、らしい。古いな・・・
「超速スピナー」という、ハイパーヨーヨーを取り上げた漫画もある
どっちが先だろう。

先の通り、通常のヨーヨーと構造が異なる。
ヨーヨーが回転している間に、様々な技(トリック)をプレイできるのが、ハイパーヨーヨーの面白いところ。



漫画でも、実際にもインパクトがある「ループ・ザ・ループ」が個人的に最も印象的なトリック。

実際にやってみたところ



単純に見える「スリーパー」さえ、習得が難しい。

最初、普通のヨーヨーのように、ただ下に落としていただけだった。
いくら引き上げてもヨーヨーが戻ってこない。

そこで、勢いよく振り下ろすと、回転時の音が変わる。
高回転していることがわかるので、そこで引き上げると手に戻ってくる。

説明書にはフォワードパス(後ろからヨーヨーを投げ、手元に戻すトリック)が書いてあるが、
試してみたら、ヨーヨーが手を直撃して痛い。



なかなか練習が必要な遊び・・・じゃなくて競技と感じる。




何十年経って、やっと昔の遊び(今も流行ってはいるらしい)に手を出すというのは、
なんというか感じるものがある。
posted by Extrose at 07:52 | Comment(0) | その他:ホビー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: