2018年12月25日

平成2期ドライバーのおすすめ

いろいろと買い集めていったら、平成2期の主役ライダーのドライバーが手元に揃ったわけで、おすすめを書いてみることにした
この玩具、沼が深い

そういえば、もうみんなボーちゃんは忘れてるよな

戦極ドライバー、ゲネシスドライバー



1つにしないのは、ゲネシスドライバーが戦極ドライバーに連携するため
この2つは本当によく考えられて作られていると思う

戦極ドライバー単体でも、ロックシードの入れ替えによる様々な音声に加え、フェイスプレートを交換することで待機音声まで変えられる
これだけでプレイバリューは最高

フェイスプレート部への増設まで可能にし、ゲネシスドライバーのパーツの取り付けによるジンバーへの変身、
最終フォーム 極ロックシードの専用取り付け部 が装着できるなど、拡張性も非常に高い

音声がソフト側であるロックシードにほぼ依存するため、後付でどんどん増やせるのも強み

ドライブドライバー



赤外線通信を採用し、腕に取り付けるシフトブレスと本体が連動、液晶部はLEDがついた基盤が回転して出力する方式(名称あるのかしら)
認識ピン方式もドライブからかしら
様々な技術が詰まったドライバー

更に連携アイテムのうち、シフトトライドロン、トレーラー砲ではマジックミラーを用いたトリックを使われており、ドライブは技術が革新的
ドライブの後ではジーニアスボトルで採用されている・・・と思う、持ってないのでなんとも

ドライブではベルト自体が意思を持っているので、それと会話するような仕組みもお遊びで搭載されている

後で買い揃えるとき、食玩/ガチャ版でもほとんど気にせず使えるのはポイント
DXとの差はシフト化(シフトカーの端を回転させて、シフトブレスに挿せる状態にする)にしやすいかどうか
本編同様、片手でシフト化するならDXだが、そこまで気にしないなら食玩/ガチャ版でも十分

ただ、赤外線通信方式なので、本編同様の動きを真似して変身すると、手が遠くなり連携が取れず変身できないのは悲しいところ




特筆するのはこの2つかなと思う

他には、ウィザードライバーなんかは見た目がアレで意欲がわかなかったけど、本編見たらほしくなって入手
鎧武でもそうだったけど、ふざけた演出と思える箇所も、本編による補正が入ると視点が本当に変わる

サブライダー系は全部揃えていないのでなんとも言えないが、
マッハドライバー炎、エボルドライバーなんかは、メインライダーのアイテムが転用できるので、買い足し直後のプレイバリューがとても高い

ちなみにエボルドライバーは 3/31 再販らしい
同日に アレ(名前出てるのかしら) とバグルドライバーツヴァイも出るので、出費がヤベーイ

なお、他はダメとかそういうことではないので読み違えないよう
posted by Extrose at 11:01 | Comment(0) | その他:ホビー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: