2019年03月25日

VTuber の現場デビュー



「初めてだったので・・・」ウソつけ

種明かし



中の人が現場にいるので、実際にやりながらはできない
なので、動画を映していただけ

どんな感じだったか



実際にXDJ-RX を置いてプレイ
両手にコントローラを掴みながらやっていたので、操作性は非常に悪い
本当は Vive Tracker を腕につけるべき

腰のトラッキングが必要なので、Virtual Cast においては5点のトラッキングが必要
先年度末のセールで買っていれば対応可能

で、腰のトラッキングについては背中につけるとだいぶ良い
お腹だと、DJの際に前かがみになるので、ベースステーションが見失いがち

ベースステーションの置き方も調整が必要
前方2点だとやはり狂いやすいので、対角線2点がだいぶマシだった

この辺りの話は、VTuberチャンネルにて #052.5 ぐらいでアップすると思う

結局どうすればできるのか



・ベースステーションは対角線
・腰のVive Trackerは背中につける

現場に遠隔で投影する場合は「会場の回線品質」も問われるので、
「配信投影」はリスキー、「録画⇒会場で流してもらう」が失敗無くて良いと思う




次の大阪公募では枠を設けるので挑戦者来たれ
東京は環境のある場所を聞いたことがないので様子見
posted by Extrose at 15:44 | Comment(0) | その他技術:VR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: