2019年05月11日

Roland VT-3 の設定

設定というかなんというか

パラメータ



DXビヨンドライバー & ミライドウォッチ「ウォズ」 / Raiya Hiiragi #023 仮面ライダー #011 https://youtu.be/NFid7ni5biw

DXディエンドライバー / Raiya Hiiragi #073 仮面ライダー #46 https://youtu.be/zACZ7HRjnZM


この2つを比較とした時、「自然なボイスチェンジが行われている方」となると、後者になるはず
この差はフォルマントにある
ピッチはどちらも +12

フォルマントは前者は多分8.5とかそのあたりだったはず
で、後者は7.5

ピッチを上げたいからといって、むやみにフォルマントを上げすぎると、不自然な調整になるので、
自分の声と相談して、フォルマントを調整、自然なチェンジを調べること




私の動画では、VT-3だけで完結しておらず、プラスでエフェクト使って調整している

一時期EQが迷走していた
smartEQ2使った上でプラスで10バンドぐらい使ってゴリゴリやっていたりしたけど、これが結局不自然になってしまっていた

結論としては、VT-3をそのまま活かしつつ、VT-3ではチェンジしない超低音をカット、
耳に痛い帯域のカットになった
調整の参考まで
posted by Extrose at 19:21 | Comment(0) | その他技術:VR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: