2019年08月09日

家計簿はデータベースで

家計簿はExcelですか?
エンジニアならデータベースで

メリット



データベース化しておけば、様々な分析が捗る
データの組み換えも容易

Extroseさんの場合



サーバーは CentOS7 + nginx + php
私の家計簿はいろいろな機能をもたせている

1. 所持金残高管理

所持金や銀行、ポイントなどの残高を入力しておいて残高を管理
家計簿に入力したデータを集計して、残高との差異も出せる
差異があれば、入力ミスや漏れがあるということ
最近、電子決済対応店舗が増えて、所持金(つまり財布の中)の残高と実績の差が出にくくなって嬉しい

2. 購入明細

会計管理よろしくヘッダ-明細 管理
販売店、購入カテゴリなどマスタ化して分類
特に購入カテゴリは自分がどういうカテゴリにお金を使ったか別途分析するのに役立つ

3. 予算管理

最近追加した機能
購入カテゴリ「収入」に対していくら使ったかは算出できていたが、実績ベースだった
今後購入が確定しているものを予算として入力して、それを踏まえて残高がいくら残るかを求めるトラン

CSMのせいで今マイナスでどうしよう


4. 電子決済管理

銀行とかICOCAとか
webで見れる情報を登録する
それを購入明細のIDに紐付けて転記済みかを管理する
転記済みでない場合は入力漏れ




やりすぎではあるけど、たまに分析するときに「これは何回買ってる」とか「いくらで買った」とかすぐわかって良い
データ管理が好きなエンジニアは是非データベースで家計簿をつけてほしい
posted by Extrose at 06:18 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: