2019年08月11日

淀川花火大会

これを見ないことには夏じゃない

様子





ノーカット版があったのでembed
私が撮影したものではない
結構遠い場所から撮られている様子、足元のものは少し見えないかもしれない

会場の様子



いつものように海老江から淀川へ出るはずが、工事に伴いいつものルートが使えない
ということで、淀川側面から侵入することに

河川敷付近が軒並み使用不可になっており、見れる場所がかなり失われている
慣れた人たちは混乱した様子だった

座るのを諦め、立ち見をすることに
適当に場所を決め待っていた

その場所は実際始まると真正面だったという
視界に収まらない大迫力で見てきた
・・・上を見すぎて首が痛かったが

花火の種類



増えたなって思う
時間差を利用しての円を包むようになるものであったり
打ち上がっている途中で光線が飛んだりと

毎年新種が見れて楽しい




花火大会、どこか一箇所は見ておくべき
夏の風物詩を是非
posted by Extrose at 06:46 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: