2021年09月16日

[Stationeers] パイプネットワークあれこれ

ちゃんと扱わないと、パイプ内容を解体による廃棄で損する

まえおき



説明において 圧力 (Pa) を用いているが、これは温度で大きく変動するので実は異なる
本来は影響しない mol が良い

ただ、気圧/液体で見る値は Pa のほうが多いので、Paを使って説明している

Pipeで繋いでいるとき



─ ─ ─

※罫線1つがパイプと認識してほしい
・このとき、これは1つのパイプネットワークとされる
 ⇒内容は同一ネットワーク内で同じ値を示す
・ここから配分していくと、同ネットワーク全体の総量が変動していく

Pipe との間に別のものを挟んでいるとき



─ ─ [] ─ ─

※[]は Valve (一例として) と認識してほしい
・このとき、Valve を堺に2つのネットワークに分断される
・2つのネットワークはそれぞれ別の値を持つ
・Valve が開いている場合、2つのネットワークの総量は平均化しようとする
 ⇒ 100kPa と 0kPa だったら、50kPa と 50kPa になろうとする

Pipe との間にポンプを挟んでいるとき



─ ─ [] ─ ─

※[]は Volume Pump (一例として) と認識してほしい
・このとき、Volume Pump を堺に2つのネットワークに分断される
・2つのネットワークはそれぞれ別の値を持つ
・Pump が稼働しないとき、2つのネットワーク同士にやり取りは発生しない
・Pump が稼働しているとき、Pumpの向きに、内容は移動する
 ⇒途中で止めなかった場合、全量が移動する
  ⇒例えば、 100kPa と 0kPa だったら、 0kPa と 100kPa となるまで移動させられる

関連アイテムの挙動



・Tank Connecter は、それ自身がパイプネットワークの一つとなる
 ⇒ Portable Tank を Wrench で繋ぐと、Portable Tank から内容が Tank Connecter と平均化する形で移動する

・Gas Tank Storage に入れた気体はパイプに戻らない
 ⇒ 接続されたパイプネットワークと平均化はしようとするが、仮にそのネットワークの総量が減っても、Canister からそのパイプへ平均化しようとはしない

・それぞれを扱う機械類に、ポンプを内蔵した挙動をするものと、そうでないものが混在している
 ⇒例えば、Filtration はポンプを内蔵しているが、Ice Crusher は内蔵していない

構成例:Portable Tank ⇒ Canister



スクリーンショット 2021-09-16 18.15.35.png

上記特性を踏まえると、Portable Tank から Tank Connecter を通じて Gas Tank Storage を接続しても、
Canister に入る値は Portable Tank と パイプネットワーク(Tank Connecter) を含めた平均値までになる

ところで、Canister は 10MPa まで耐えることができるが、外気温によって内圧が変動するので、安全マージンを取って 8MPa が良いとされる

この8MPaまで充填したい場合、先の特性の通りならば、3種のネットワークがすべて8Mpa となる必要があり、
こうなるとき、Portable Tank には 24MPa が必要となる
しかし、Portable Tank も 10MPa までしか耐えられない

可能な限り Canister に充填する場合は Volume Pump を使う
上記構成例では Volume Pump は手動制御のため、閉じないと 10MPa を超えてしまい破裂する
超えないときに止めたいため、目視で気圧を確認できる Console を設置している

もしくは、Tablet を使って確認しても良い
posted by Extrose at 18:49 | Comment(0) | ゲーム:Stationeers
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: