2021年10月02日

Wordpress導入しようと思ったけどいろいろあって折れそうってお話

自宅サーバーにWordPressを導入しようとしている
が、そのままでは入らなかった

phpのモジュールが無くてwp-adminでエラー



with-gzip が無いからwp-admin に入れなかった
これを機会に php7.4から8に上げた

サイトヘルスで見ると足りないモジュールがたくさんあった



これは withをつけまくってphpをインストールすればいいんだけど、
libpngとか細々したものを大量にmakeする必要がある

もうめんどくなって dnf -y install 〜-devel とかしてたんだけども
CentOS の libzip が古くて php8が入らない

じゃあ別にlibzip 入れるか、と考えたけども、もうCentOSのほうがダメだなって思ったのでalma8に変えよう
と思ってめんどくなっているのが今




さくらインターネットに契約してるので、そっちを使えば楽なんだろうけど
さくらインターネット の ライトプラン 最大の問題が MySql使えないことにある

じゃあスタンダードにすれば良いやんっていうところなんだけども、プランの昇格ができないのがまたダメ
ライトで使っているのは

・自宅サーバーのグローバルIP取得システム
・このブログ
・メール

で、システムとブログは移行できるからいいんだけど、メールは大変
大変ってかこれ移そうと思うと、メールクライアント経由になるはず

なのでめんどくさいなあって


つい最近 AWS lightsail というのを教えてもらったけど、こっちのMySqlのプランが 15$ で高い

じゃあもう自宅でやるかっていう状態になっているのが今


Webサービスもまだまだお硬いね、と思いましたと

posted by Extrose at 10:57 | Comment(0) | 日記

2021年09月30日

Car Mechanic Simulator を通して知った車についての補間

いろいろと気になったので

燃料フィルター



燃料ポンプからエンジンへ繋ぐホースの間にある
中身に名前の通りフィルターがある

主な役割は、燃料中に浮遊する異物をフィルタしてクリーンな燃料をエンジンに送る
大体 10万kmに1回は交換すべきなのだそうだ

CMSでは浮いているが、実際はホースが接続されている
上部から外せるのはそのとおりだそうだ

オイルフィルター



まだよくわかっていない
CMSでは省略されているが、オイルパンに溜まったエンジンオイルを吸い出すための装置(オイルポンプ)があり、
そこからこのオイルフィルターを通してエンジン上部に戻される・・・認識

オイルパンに溜まったものをそのまま送り返すと、燃えカスなどを吸い上げてしまう?のでフィルターが必要

メーカー製、メーカー推奨製、サードパーティ製がある様子

OBDスキャナ



車にはOBDというポートが有り、車両の様々な情報を確認できる
昨今の最新型は車内に液晶があり、そこからでも確認できるらしい
また、車内に多数のタコメーターを搭載した改造を見かけるが、そこで出力する値もOBDの値を採用している・・・らしい

今はOBD2という規格

ブレーキサーボ



CMSではこう呼んでいるが、現実ではこう呼ぶと自転車の機構になる様子
車に搭載しているのはブレーキブースターという装置になる
倍力装置とも言うそうだ

要は油圧でブレーキの動作を補助するもの

エンジンオイル



エンジンには燃料のほかにエンジンオイルが必要となる
詳細には違うが、かなり大雑把に言って潤滑油の認識で良いはず

車種によってはラジエーターに回されて冷却のちに循環するとのこと

なおYoutubeでは交換を怠った結果、どのようになるのか、という動画が結構ある

ヒューズボックス



電子部品のヒューズが大量に刺さっているボックス
CMS2021新パーツ

CMS2021ではエンジンルームにあるが、車種によっては車内のフロントパネル(?)の中にあったりして場所が異なる様子

ヒューズボックスは各部の電気的な動作が必要な機構のヒューズが格納されている
ヒューズボックスのカバーの裏には、どこのポート(差し込み場所)が、どこの機構に対応しているか書かれている

先述の燃料フィルターを交換する際は、そのままホースを外すと、そこまで来ている燃料(ガソリン)がそのまま飛び出してしまい、床にオイルを塗ってしまう
それを防ぐために、ヒューズボックスの燃料ポンプに当たるものを取り外し、燃料ポンプの動作を停止させる
その後、エンジンを二度三度動作させ、ホース内を空ける、という手順を取る

ECU



CMS2021の新パーツ
要は電気的に車両を制御するために必要なコンピュータ




とりあえず思いつきで調べたものを
posted by Extrose at 09:14 | Comment(1) | 日記

2021年05月25日

ゲームの評価が世間とはずれている ※ぐち記事につき閲覧注意

こんなことがあったので、鬱憤バラシの記事。読まないほうが良い。

※タイトルの通り閲覧注意







これを最初に感じたのはクラッシュバンティクー2。
全体的に難易度が高いのはそうなんだけども、一部度が過ぎていて「人を馬鹿にしている」レベルだと感じた
それは配信中の発言でも現れていて、今その配信のアーカイブは非表示にしてある
ちなみに「どこか氷のステージの、横視点になるシーン」で限界を迎えた

で、今回のイメージファイトもそう
復帰でさんざん苦労して進んで「やっとクリアした!」と思ったら「お前下手くそだから地獄行きな」ってトンデモ面に送られる
「人を馬鹿にしている」調整をしているので、配信中に限界を迎えて終了した
※故に「終盤閲覧注意」としてある

これがコンシューマならいいけど「アーケードでやっている」という事実に驚愕する
もしかして同時期は同じような感じのゲームが当たり前だったのだろうか

配信中でも言ったけど、「最初に触れたアイレムシューティングがR-TYPEで良かった、イメージファイトだったらアイレムのシューティングは全部『クソゲー』という先入観を得ていた」かもしれない
それぐらいひどい作品だった

で、振り返ってみれば「世間的に良作」なゲームはいろいろある

「NieR:Automata」とかもそう、個人的にこのゲームは「ストーリーとグラフィックは良い」。
ゲーム性に触れていないあたりで察してほしい
でも「良作」、実際続編も多数出ている人気タイトル

「GOD EATER 2」も良作・・・かと思って調べたら賛否両論扱いだった
ストーリー最後のミッションがマガツキュウビ+αで「ぼくのかんがえたさいきょうのみっしょん」の印象だったが、それはある程度共通認識らしい
「最後の最後で難易度調整を放棄した、悪い意味で裏切ってきたゲーム」なので、以後GOD EATERには手を出さないようにしている

「Oxygen Not Included」については、慣れてきたら毎日ずっとやるぐらいにはハマっていたが、
「理不尽な現象」を受けてからは「製作者もフォローしきれていない部分がある」疑いを得て、Steamの非表示にするぐらい拒絶した
先のwikiの評価はどうか調べようと思ったけど乗ってなかったけども、少なくともこのゲームは世間的に「クソゲー」ではないと感じる




もちろん、いろんな作品は万人に受けないのだが、こと上記に関して受ける印象は
「自分はどこかズレているんだな」というところを感じた次第

私のゲーム配信中のレビュー的な感想は真に受けないほうが良いかもしれない
posted by Extrose at 21:42 | Comment(0) | 日記

2021年02月23日

私が楽しいと思えるゲームについて

zu1.jpg

まずこの図、ゲームに限らない図

物事を始めたときは何もわからない、けど少しすると一気に理解できる範囲が増える
ただ、そこから突き詰めていくとなかなか上がらなくなる
そういう図

zu2.jpg

さて、バランスの良いゲームについて個人論

バランスの良いゲームというのは、何もわからなくてもとりあえず進めることができる
理解が必要な箇所はゲームを進行していくと自然と理解していくし、ゲームがそれについていく

少しすると少しむずかしい部分が出てくる
ただそれも少しのトライアンドエラーで克服していける
これが無いとヌルゲーとして逆効果ですらある

上図だとそういうポイントは1回っぽい線になっているけども
ゲームの長さに応じて数回あっても良いかもしれない

そうしていくとテンポ良くゲームを終えられる
そこから難易度の高いExtraボスややり込み要素など追加要素が入ってくる

zu3.jpg

ただ最近良く見るのが上図のもの

最初から必要とする技術が高すぎて序盤すらクリアがままならない
序盤で心を折ってくるのでプレイヤーがついてこない

意地になってクリアする一部のプレイヤーがなんとかクリアするも、
かかる時間はバランスの良いゲームに比べてかなり長くなる

そしてクリアした後の追加要素も「クリアできるものならしてみろ」と開発者ですらクリアしていない、
プレイヤーにぶん投げ要素

というか開発者ならわかる要素とか詰め込んでいたり、自分の押しつけばかりしていてユーザーのことを考えていないゲームが上図の傾向にある

こういうゲームを作っている人が言う「慣れればクリアできるから」は
「バランス調整放棄してるけどプレイヤーでなんとかしてくれ」と言っているのと同等

私はそういうゲームは面白いとは思わない




これはただ一人のプレイヤーの意見

プレイヤーの数だけ意見があると思うので、異論はあって当然
だけど私はこの意見を持っている
posted by Extrose at 13:18 | Comment(0) | 日記

2021年01月03日

自分歴代3台目のカメラを買った話 (Lumix FZ85)

20210102_161124.jpg

2台目はCasioのやつ、これが3台目
経緯は後で話すとして、性能面でのお話を先に

写真



素人目からすると正直スマホと大差無い
ただ、60倍望遠?で遠くまで撮れるのはスマホに無いメリット

20210103_102003.jpg

↑スマホ、LG V30 での撮影

P1000030.JPG

↑Panasonic Lumix FZ85 での撮影

動画





動画についてはYoutubeにアップ
これについては雲泥の差

他に買っておくもの



・SDカード
買っておく必要がある
私は手元の余りがあったのでそれを使う
なお、余りを使うにしても転送速度不足のメモリーカードを使うと、4Kとか動画とかが満足に撮れないらしい

・ケース
野外に持ち出すには必要
オフィシャルなアイテムはない?

トラブルシューティング



全部 説明書に書いてあるけども、ネットで調べがちな方へ

・4:3で勝手に撮られる
RAW形式ではそうなるらしい
16:9に加工するときはそれを意識して撮らなければならない、と思う

・電子シャッター形式に勝手になる
サイレントモードをオンにするとそうなる

・rw2 を扱うソフト
Adobe製品ならばCCの系統で、それ以外にあるかどうかまでは調べていない
なおAdobe製品でも古いもの(私の場合はCS5)では扱えない

USB経由のアクセス速度



スクリーンショット 2021-01-03 11.14.39.png

Crystal Disk Mark で計測

SDカードは「Team Micro Color card シリーズ」
仕様は SDHC/SDXC UHS-1 64GB

サンワサプライ「ADR-3MSDUBK」経由で転送するより格段に遅い
参考値として、RND4K Q32T1 の場合、Read:3.83, Write:0.83

大量のデータを転送するならばやはりリーダーを使うがよし

購入の経緯



先の通り、写真はスマホでも十分
でも最近は動画撮影すると荒さが気になってきた
これを改善したいと思って購入





レンズが交換できない(ボディ、というらしい、ではない) など、入門用という印象
本格的に始めるならばもう1グレード上のものになると思う
posted by Extrose at 11:03 | Comment(3) | 日記