2021年10月03日

Wordpressに移行しました(いやしてる)

移転先

https://extrose.stoicsounds.jp/blog

いずれこちらは削除します
posted by Extrose at 19:14 | Comment(0) | 運営:個人活動

2021年09月19日

[2021/9/19 追記] 企業別配信ガイドラインメモ

このブログはもう更新していません
新ブログ: https://extrose.stoicsounds.jp/blog/?p=367
Wiki化中: https://extrose.stoicsounds.jp/_wiki/guideline/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E5%88%A5




個人的メモ、飽きるまで更新

ガイドラインが見つからないなどのものは未記載

昨今、ゲーム作る上でのテンプレートとして配信/収益化についての記載を義務化してほしさ

ちなみに、当記事を参考にする場合でも、ガイドラインによって追加対応(概要欄への追記が必要など)が必要な場合があるので、ガイドラインはしっかり読むこと

判断に困ったら・・・



調べるのめんどくさい人向け
かなり大雑把だが、だいたい下記の通りで間違いは少ない

・日本のゲームはNG
・海外のゲームはOK

あくまで「だいたい」なので、著作権侵害とかで訴えられるほうがめんどくさいと思うならちゃんと調べるべき

参考サイト



YouTuberのための法律講座 第3章 ゲーム実況編
https://www.legamaga.com/312/

収益化できるゲームリスト(Japanese) | "Let's Play"-friendly developers Wiki | Fandom
https://letsplaylist.fandom.com/wiki/%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E5%8C%96%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%EF%BC%88Japanese)

YouTubeのゲーム実況は著作権侵害になる?気を付けたいポイント
https://digitaldiy.jp/article/esportsgame/5408/

Steam キュレーター: 収益化可能ゲーム一覧
https://store.steampowered.com/curator/32793483/

[特集]一目で分かる!!主要ゲーム会社の動画・配信規約まとめ
https://esports-doga.com/game-bc-rule/

配信サイトMildom著作権関連まとめ。(2021.3.10更新)
https://studioftf.com/entry/mildom-4/

一覧



アイディアファクトリー株式会社


代表作:「超次元ゲイム ネプテューヌ」「ムゲンソウルズ」シリーズなど
ガイドラインURL: https://www.ideaf.co.jp/company/copyright.html
配信可否:NG

ガイドラインに明言あり

株式会社コナミデジタルエンタテインメント


代表作:「グラディウス」「beatmania」シリーズなど
ガイドラインURL:
配信可否:NG

ただし、個別タイトルで許可されているケースもある
「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!」「スーパーボンバーマンR オンライン」など

ちなみに「beatmania IIDX infinitas」とかはFAQ見ても記載がなく、実はダメなのでは?
dolce_iwate Channelさんは公認プロゲーマーなので良いとして。

NeoWiz Games Corporation(韓)



代表作:「DJMAX Respect」など
ガイドラインURL:
配信可否:NG

タイトル別に許可?

「DJMAX Respect」の場合のガイドライン・・・というか配信パートナーのサイトは下記
ただ、DJMAXシリーズについては各楽曲の著作権に引っかかるものが多く、配信が非常に不自由
https://www.djmaxrespect.com/partner/2019/index.html

ちなみにDJMAX過去作は PENTAVISIONだけども、権利はneowizが全て保有?

株式会社日本一ソフトウェア



代表作:「ディスガイア」シリーズ
ガイドラインURL: https://nippon1.jp/support/
配信可否:NG

ただし、PlayStation 4タイトルについては、PlayStation 4 の配信機能を使う限り可能
・・・だが個人配信者はだいたいオリジナルフレームを持っていると思うので、これだと幅が狭く実質不可も同然

・2021/9/19 更新
より詳細な内容が記述されたが、状況は変わっていない

株式会社彩京



代表作:「19xx」シリーズなど
ガイドラインURL: https://city-connection.co.jp/ip.html
配信可否:OK

現在は 株式会社シティコネクション が権利を保有
なお同社はジャレコも保有しているとのこと
ガイドラインに記載のあるタイトル + 「ジャレコ」「彩京」はOKとのこと

株式会社バンダイナムコエンターテインメント



代表作:「PAC-MAN」とかめっちゃいっぱい
ガイドラインURL:https://pacman.com/jp/policy/gameplay.php
配信可否:OK

ガイドライン定義なしにより通常は不可

・2021/9/19 更新
「パックマン及び自社IPゲームシリーズ」の枠組みに入るものは許可される
例えば、「リッジレーサー7」は許可されている、対象タイトルはガイドライン参照
行う場合はガイドラインに記載の文言を必ず追記すること

ちなみに「Ace Combat」「.hack」など有名タイトルは許可されていない

株式会社マーベラス



代表作:「閃乱カグラ」シリーズ、「DAEMON X MACHINA」など
ガイドラインURL:
配信可否:NG

見つからなかったのでNG

ただマーベラスは「DAEMON X MACHINA」において、「収益化剥奪」を行ったことにより問題を起こしたことがある
該当の配信者に対しては対処があったようだが、全般的かどうかは不明
https://togetter.com/li/1407944

ちなみに「ルーンファクトリー5」については許可されている様子
https://news-runefactory.marv.jp/article/11469

「天穂のサクナヒメ」については開発者自らが許可している
https://twitter.com/nal_ew/status/1326070239797239809

株式会社Cygames



代表作:「グランブルファンタジー」シリーズなど
ガイドラインURL:https://www.cygames.co.jp/streaming_guidelines/
配信可否:OK

割と許容してくれている

「ウマ娘プリティーダービー」については個別ガイドラインあり
https://umamusume.jp/streaming_guidelines/

株式会社サクセス



代表作:「Psyvariar」シリーズなど
ガイドラインURL:
配信可否:NG

ガイドライン定義なし

Paradox Interactive AB.



代表作:「Cities: Skylines」など
ガイドラインURL:https://www.youtube.com/user/Paradoxplaza/about
配信可否:OK

株式会社ポケットペア



代表作:「CRAFTPIA」など
ガイドラインURL:
配信可否:

全体定義なし

クラフトピアについては下記に記述が有り、OK
https://docs.google.com/document/d/e/2PACX-1vTP67BiSRq7Llk4qf94tRv03TpabRkvoQvKcZ5xB5kTKiwKi49vSjRJFKBCsUjpEEGdj1LNNVo4k8ec/pub

株式会社 コトブキソリューション (KEMCO)



代表作:
ガイドラインURL:https://www.kemco.jp/guideline/fan_movie.html
配信可否:

一部、ゲームの1/3まで、一部タイトルは配信を許可とされている
7/28 から 「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」にて配信される「ボンバザル」は対象外

ちなみにKEMCOとは「Kotobuki Engineering & Manufacturing Co., Ltd」の略

株式会社サイバーコネクトツー



代表作:「.hack」シリーズ
ガイドラインURL:https://www.cc2.co.jp/company/streaming_guidelines
配信可否:OK

ただし、 2021/9/19 確認時点では 「戦場のフーガ」のみ
代表作 .hackシリーズ はこちらでは許可されていない、多分バンナム側に権利があるため

ガイドライン未定義による配信不可



・アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社 (R-TYPEなど)
・株式会社アリカ (TGMACEなど、TETRIS99についてはサブライセンスが任天堂なのでOKの様子)
・株式会社ケイブ (弾幕シューティング大手)
・株式会社トレジャー (斑鳩など、なおグラディウスVはコナミに従う)

ガイドライン定義なし、即ち禁止
ちなみにこういうところは基本的に黙認、ただし文句を言われたら従わざるを得ない

ちなみにアリカについては、過去ユーザーが代表に直接言及してしまったため、
一切の禁止をした経緯があったような気がするので、
アリカのゲームは配信できなくなったものと思って良い

以下未整理



・任天堂
https://www.nintendo.co.jp/networkservice_guideline/ja/index.html
一番良く知られているガイドラインのはず
基本的にOK

・セガ
基本的にOK
https://www.sega.co.jp/streaming_guideline/





・ハムスター
アーケードアーカイブスなど
全面的に許可、プレイ時間によってポイントを付与するポイントランキングも運営
書きようから各タイトルのライセンスよりハムスター社の主張が優先できるように捉えられるため、
アーケードアーカイブスは全て配信可能と思われる

・Technosoft
TFシリーズ
現在はセガが権利を保有しているため、セガのガイドラインに従うことになるはず
なお、元々はトゥエンティワン有限会社が保有していたが、譲渡されたとのこと
https://www.famitsu.com/news/201611/22121207.html

---
参考: 収益化可能ゲーム一覧
https://store.steampowered.com/curator/32793483/

・We Were Here シリーズ
・Apex Legends
・Bloodstained シリーズ
・Farming Simulator 19
・Euro Truck Simulator 2
過去に配信したことがあるもの

・Enter the Gungeon
・Alone in the Darkシリーズ
・Hollow knight
・Ghost recon: Wild lands
・Super Hexagon
・VVVVVV
・Contraption Maker
・Terarria
所有しているのでメモとして

・Mistover
https://twitter.com/search?q=youtube%20from%3Amistover_en&src=typed_query&f=live
日本アカウントでは何ら言及がないけども、英語アカウントではユーザのライブストリーミングを取り上げているあたり、許容されているように見受けられる

・Borderbreak
http://borderbreak.com/support/playmovie/
従う場合に限り可

・Dyson Sphere Program
・Satisfactory
・Factorio
未確認、既にそれなりに配信があるので良さそうに思えるが

・Panzer Dragoonシリーズ
未確認

・Dual Gear
https://www.gamespark.jp/article/2020/08/16/101323.html
OKとの明言

・Front Mission シリーズ
古すぎるので出てこない

・クラッシュバンディクー ぶっとび三段盛り
Activision とかで探したけどぱっと出なかった
https://quest-log.com/youtube-monetization-game-copyright/ こちらによればActivisionは収益化OKとのことで配信は良いように見受けられる

・BeatSaber
未確認、版権曲も多い
過去配信すると、いろんな箇所が侵害扱いになったので配信しないほうが良い
ちなみに、現在Youtubeで確認できる動画の大半は違法音源のプレイ動画となる
Stepmania、Osu!と同じ状況





ちなみにあなたは?



R-TYPEシリーズを始めとしたものを残しているが、上記の通り アイレムは許可していない
R-TYPE FINAL 2 もあって、繁栄を願って・・・と思うところと、
個人かつ弱小である立場を利用しているところがある

これがもし1000人とか1万人とか(まあほぼありえないと思うが) になってくると、
この辺りはもっとシビアに見るべきで削除も考えられる

要は自己都合である
posted by Extrose at 16:46 | Comment(4) | 運営:個人活動

2021年07月13日

各ハードのゲーム実況方法まとめ

適当に
機器については私の例

HDMI出力



I-O DATA GV-USB3/HD

現代のゲーム機、直接キャプチャへ

・PlayStation 4
HDCPは無効に

・XBOX360

・Nintendo Switch
ノーブランド HDMI/音声スプレッダ
音声をSwitchのミニプラグから取るとファンの電気ノイズが乗りまくるので、
映像と音を分離するスプレッダの使用を推奨

・Retrofreak
FC、SFC、PCE、MK3、GB、GBA など

D端子



COMON D端子⇒コンポーネント
Portta製 コンポーネント⇒HDMI
I-O DATA GV-USB3/HD

日本独自の規格(アホ)、コンポーネントと互換
独自の規格なので中国ジェネリックキャプチャも対応してくれない
なので、コンポーネントへの変換も必要になる

・PlayStation 2
フジワーク new「技」D端子ケーブル
PlayStation も含む、画質を妥協すればRCAでも可能、言うてそこまで大差ない
90000 は互換に不安があり、動作しないPS1タイトルもそれなりにあるのでPS3に任せる場面もある


・PlayStation 3
フジワーク new「技」D端子ケーブル
PS3はHDMI出力に対応しているが、HDMIで出すとHDCPが邪魔でキャプチャできないので、
わざわざD端子で出す
画質を妥協すればRCAでも可能だが、流石に荒くなりすぎるのでD端子で出したい
どの型式も PS1 はプレイ可能
初期型のみ PS2 にも対応

・PlayStation Portable
⇒ メーカー不明、D端子で出すやつ
PSPについてはD端子で出さないとゲームが出力できない

RCA (コンポジットとも言う)



ノーブランド RCA⇒HDMI
I-O DATA GV-USB3/HD

家庭用では今や過去の遺物と思うけども、映像業界では今でも使われていそう

・SegaSaturn
Polymegaが出て、正常に動作するならば PolymegaのHDMI出力に変更できる
私はいつまでも待ってるよ

・Nintendo 64
2021/7 時点、互換機が全く存在しない・・・と思ったけども Hyperkin(互換機として RetronSqが有名) がどうやら出す様子
それまで本体は大事に

配信不可



映像出力端子が無いので、カメラ直写しぐらいしか方法がないもの

・PlayStation Vita
Vita TVでプレイできるものは可能だが、DJMAX Technika Tuneなどタッチ必須のものは不可
やるならば本体改造が必要

・Nintendo DS / 3DS
Vita同様、やるならば本体改造が必要
ただし、Wii Uのバーチャルコンソールでプレイできるタイトルもある




手広く配信しようとすると映像機器が無限に増えていく
そういうのもあるのでRetrofreakみたいな互換機には大変助けられている
posted by Extrose at 07:38 | Comment(0) | 運営:個人活動

2021年03月16日

[JavaScript] Cannot use import statement outside a module

・「script」タグに「type="module"」を追加
・import文で指定されているファイルパスを相対パスでjsつき

参考: https://teratail.com/questions/216443

実装しようとしたコード、スタイルシートを読み込む


stylesheet.js


var stylesheet = function(){}

stylesheet.prototype.load = function(ipath){
var lhead = document.head;
var llink = document.createElement("link");

llink.type = "text/css";
llink.rel = "stylesheet";
llink.href = ipath;

lhead.appendChild(llink);
}


export default stylesheet;



core.js


import stylesheet from './stylesheet.js';

//CSS読み込み
var ostylesheet = new stylesheet();
ostylesheet.load("/resource/css.css");





JavaScriptくん難しいね
posted by Extrose at 11:32 | Comment(5) | 運営:個人活動

2021年02月07日

[Canon TS8030] PGBKだけでなくなったときは

私の場合の結論は

1. 写真として印刷してPGBKを使用しない
2. 悪化したら買い替え

一般的な手段としてプリンタヘッドのクリーニングとのこと
私も試してみたけどもPGBKは復活しなかった

プリンタヘッドのクリーニング



水洗いした後に乾かす、というのが一般的な手順だったが
面倒だったので十分乾かさずに使った

PGBKは出ないままだったが、他の色は普通に出た

特定色が出ない原因



「インクの目詰まり」と考える人は多いし、私もそうだと思ったけども
今回のケースは故障(ヘッド基盤の断線)の様子

他社製のインクカートリッジを使っていてインクが合わず詰まったのかと思ったが、
そんなことは無かったらしい

実際、クリーニングしていたときにPGBKの出力穴からはドバドバとインクが出ていた




さて、買い換えねえ
今度の買い替えはカートリッジじゃなくてインクを注ぎ込むタイプが良い
軽く調べてみると EPSONがエコタンクというものを出していて、
またEPSONに戻すかなと思う
posted by Extrose at 11:03 | Comment(2) | 運営:個人活動