2019年06月08日

5月の記事トップを見てみよう

気まぐれ

1位:機材なしで初められるVTuber? wakaruを使う。



VTuberブームで人気記事になっているらしい
VRoid Studio + wakaru でVR機器が無くても誰でも初められるので、導入にオススメ

慣れてきたり、物足りなくなったらアップグレードを検討してみるとよろし

2位:Windows Updateころす



最近の Windows Update は邪智暴虐の限りなので、なんとかしたい人が多いのだと思う
が、根本的に断絶することは「Windows Update Medic Service」のせいで不可能になってしまったので
せめて バッチにして、という記事

3位:ウィクロスを教えてもらったりした



教えてもらったウィクロスのセオリー5選の記事
どう検索してたどり着いてるんだろう、もっと有名プレイヤーの記事とかも当たりそうなものだけども

4位:[Premiere] 動画の音声を読み込まない



Adobe Premiere Pro CS5.5 で起こる不具合の記事
CC 2019とかでは改善してるんだろうか、というか致命的バグなのだから緊急パッチぐらい出してほしい
「古いものは保守してられねえぜ俺は逃げる!最新使え!じゃあな!!」って言ってないで帰ってきて

5位:【12/8】Denon DJの管理ソフト「Engine Prime」を使う



DJ界隈での認知度はどうなんだろう
この記事は古いので、もう多分参考にならないと思う

6位 :新曲「修羅之道」



ありがとうございます
今までの私とはミックスが違って安っぽさが無くなったと思う
過去の私の曲がアレだからで聴いてない人は多いと思うので、一度聴いてみてほしい

7位 :あなたの人気はいまどのくらい?「At Vtuber」さんを利用する。



VTuberなら抑えておくべきサイトの一つかなと思う

8位:VTuber #007 : 仮面ライダー#01 「ライドウォッチ "スナイプ"」



なぜこれがこんなに

9位:DJMAX Respect : Technika 2 DLC 予告



いいか、Dual Strikers (Rock Planet Mix) は絶対聞け

10位:Minecraft サーバー 1.14 で joptsimple.UnrecognizedOptionException: X is not a recognized option



マイクラサーバーを 1.13 から 1.14 に上げた鴇に出たエラーの件




何かあればこれからもブログに書いていきたいね
posted by Extrose at 06:55 | Comment(0) | 日記

ウィクロスのスリーブ

最近オールスターのデッキを構築中、トレカ販売店のノーマルカード山を調べている

スリーブについて



無くてもできるけど、ウィクロスのカードはベースが黒で厚みがあるので痛みがすぐわかる
対戦回数を重ねると、と考えるならばスリーブはあったほうが良いと思う

どれが良い?



20190608_061746.jpg

※参考
キャラクタースリーブを多重にする際おすすめのスリーブ|WIXOSS・デュエマ・MTG編
https://www.zest-shop.com/blog/tokorozawa/10787

ウィクロスを例にしているけども、ポケモンカード、デュエルマスターズとかも同じ規格なので
同様の構成ができるはず

1. R Line カドまる インナー
2. キャラクタースリーブ
3. ホビーベース(イエローサブマリン) T.C.G. スリーブガードハード (CAC-SL23)

1つ目 R Line カドまる インナー



参考記事のまま
カードを入れる際に無理もなく入り、ピッタリなので最低限これにだけは入れたい

2つ目 キャラクタースリーブ



いろんなメーカーから出ているけど、規格は一緒なのかなと思う
私が使っているのは下記3社

・ブロッコリ (キャラクタースリーブ)
・ブシロード (スリーブコレクションHG)
・ポケモン (ポケモンカードゲーム デッキシールド)

ポケモンって今は会社名なんだね

カドまるインナーを入れたカードが無理なく入る

3つ目 ホビーベース(イエローサブマリン) T.C.G. スリーブガードハード (CAC-SL23)



私はここまでするつもりはなかったんだけども、
ブロッコリのキャラクタースリーブが痛みやすそうな感じがあったので、
耐えかねてオーバースリーブを導入

キャラクタースリーブを入れたカードが無理なく入る



20190608_061755.jpg

記事に記載されていた やのまん カードプロテクター オーバーガードZ も試したけども
キャラクタースリーブを入れたカードを入れるのが厳しいサイズだった
一応、中からカードを抜いて、キャラクタースリーブを先に入れてから、あとでカードを入れると入る

殺人的な硬さなのが難点で、シャッフルするときにカドが手のひらに刺さって痛い




こうしてからカード直で扱うのは怖くなったなって思う
15年近く前の古いカードもスリーブに入れて保護した
posted by Extrose at 06:38 | Comment(0) | その他:ホビー

2019年05月26日

ポケモン




履修中...

同じく金銀世代で止まっている人へ



今はこんな感じ

・初代
ぜんこくずかん番号:151まで
地方:カントー
御三家:フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメ
伝説御三家:ファイヤー、サンダー、フリーザー
幻:ミュウ、ミュウツー(一応)

・第2世代 : 金銀
ぜんこくずかん番号:251まで
地方:ジョウト
御三家:チコリータ、ヒノアラシ、ワニノコ
伝説御三家:スイクン、エンテイ、ライコウ
伝説:ルギア、ホウオウ
幻:セレビィ

・第3世代 : ルビーサファイア
ぜんこくずかん番号:386まで
地方:ホウエン
御三家:キモリ、アチャモ、ミズゴロウ
伝説御三家:カイオーガ、グラードン、レックウザ
伝説:デオキシス
幻:ジラーチ

※この辺りから伝説の分類がわからないので適当に・・・

・第4世代 : ダイヤモンド・パール
ぜんこくずかん番号:493まで
地方:シンオウ
御三家:ナエトル、ヒコザル、ポッチャマ
伝説御三家:ディアルガ、パルキア、ヒードラン
伝説:ギラティナ、ダークライ、アルセウス
幻:シェイミ

・第5世代 : ブラック、ホワイト
ぜんこくずかん番号 : 649まで
地方:イッシュ
御三家:ツタージャ、ポカブ、ミジュマル
伝説御三家:レシラム、ゼクロム、ランドロス、キュレム(ホワイトキュレム、ブラックキュレムの二種あり)、ケルディオ
伝説:ゲノセクト
幻 : メロエッタ

・第6世代 : X、Y
ぜんこくずかん番号:721まで
地方:カロス
御三家:ハリマロン、フォッコ、ケロマツ
伝説:ゼルネアス、イベルタル、ジガルデ、ディアンシー、フーパ、ボルケニオン

・第7世代 / サン、ムーン (2019年5月時点の最新作)
ぜんこくずかん番号:807まで
地方:アローラ
御三家:モクロー、ニャピー、アシマリ
伝説:ネクロズマ、マギアナ、マーシャドー、ゼラオラ
特記事項:固有種族に「ウルトラビースト」がある、アローラ地方固有の初代ポケモンがいる

・第8世代 / ソード・シールド 次回作
ぜんこくずかん番号:???
地方:ガラル
御三家:???
伝説:???

・その他
ぜんこくずかん番号:809まで(2019年5月時点) / ピカブイ / 伝説:メルタン、メルメタル


・ダイヤモンド/パール世代から、伝説が急増した印象、初代、金銀のゲーム性に当てはめようとすると合わない
・ニャビーはスマブラやってる人には「ガオガエンのたねポケモン」で通じると思う
・サン、ムーンでは「ウルトラビースト」という分類のポケモンがいる

名前が6文字?



初代/金銀でストップシてる人はこれは絶対衝撃的
第6世代 X・Y で解禁となったらしい
革新的!




ポケモンも再履修したいけど、やっぱり社会人になると財力あっても時間が足りないよねっていう
posted by Extrose at 10:47 | Comment(0) | その他:ホビー

2019年05月11日

Roland VT-3 の設定

設定というかなんというか

パラメータ



DXビヨンドライバー & ミライドウォッチ「ウォズ」 / Raiya Hiiragi #023 仮面ライダー #011 https://youtu.be/NFid7ni5biw

DXディエンドライバー / Raiya Hiiragi #073 仮面ライダー #46 https://youtu.be/zACZ7HRjnZM


この2つを比較とした時、「自然なボイスチェンジが行われている方」となると、後者になるはず
この差はフォルマントにある
ピッチはどちらも +12

フォルマントは前者は多分8.5とかそのあたりだったはず
で、後者は7.5

ピッチを上げたいからといって、むやみにフォルマントを上げすぎると、不自然な調整になるので、
自分の声と相談して、フォルマントを調整、自然なチェンジを調べること




私の動画では、VT-3だけで完結しておらず、プラスでエフェクト使って調整している

一時期EQが迷走していた
smartEQ2使った上でプラスで10バンドぐらい使ってゴリゴリやっていたりしたけど、これが結局不自然になってしまっていた

結論としては、VT-3をそのまま活かしつつ、VT-3ではチェンジしない超低音をカット、
耳に痛い帯域のカットになった
調整の参考まで
posted by Extrose at 19:21 | Comment(0) | その他技術:VR

2019年05月07日

ウィクロスを教えてもらったりした

20190502_172730.jpg

屈した

カード単品買いはなんというか転売とかに屈した気分になって気持ちが負ける
でもブースター引くよりは出血は抑えられる・・・つらい

ところで、搭乗しているのはゾイドワイルドのキャラではなかった
ワイルドライガーはウムル、デスレックスはウリス
ウィクロスのルリグが搭乗していた

教えてもらったりした



5/6 にエクス会があって 出前さん、Regretくんに教えてもらったりした
ウィクロスにはセオリーがいくらかあるとのこと

ウィクロスのセオリー



・シグニ(モンスター) を蹴散らすより、ライフクロス(手前のカード7枚のやつ) をへらす方を優先すべき

シグニの置き方のこと
遊戯王とかのクセでモンスター粉砕を優先しがちだけども、ウィクロスにおいては、ダイレクトアタック優先らしい

・場にサーバントがいる場合、それは無理に倒さなくていい(勝手に消えていくから)

アタックして倒してもいいけど、特に攻撃系の効果を持たないので、相手としても場から退かす筆頭らしい


・アタックする順序は、シグニ相手⇒ライフクロスの順

ライフバースト(手前7枚をめくったときに発動する、下に書いてあるもの) によって、どうやら -12000 パワーダウン(すなわち、シグニを倒すと同義) とかいうのがあるらしい
すなわち、攻撃順を謝ると、2回攻撃できたのにライフバーストでシグニが減って攻撃回数が減ってしまった・・・ということが起こる、かもしれない、ということ


・トラッシュとかから、デッキの上に戻すときはサーバントが良い

ルリグ(従者的な立場、白いカード) がアタックするときにガードに使えることから、
私は「逆にまずいんじゃない?」と思っていた
出前さんいわく「それしか能がないカードを引かされても」ということらしい
サーバント以上の能力を持つシグニを確定で引くことができなくなるデメリットは思ったより大きい様子


・トラッシュとかから、デッキの下に戻すときは最重要のサーバントが良い

さっきの逆
下に戻すので、最後の最後、或いはほぼゲームに参加しないであろうカードになる
なので、このときは重要なカードを仕込むと良い
シャッフルされると無意味になるけども・・・




5/25 発売予定のピルルクグズ子のデッキは予約した
理由は青いのと、名前がいいなっていうのと
いいか、私は髪の青い子がでるというだけでゲームを買ったことが有るんだ
なんか特典でカードがもらえるとのことで、興味があるうちにいただくことにした
posted by Extrose at 19:54 | Comment(0) | その他:ホビー